pomo_qumo_webpage

2020/04/05

マスク論議再

「政治的餌食」になりましたね。そもそも,アベノミクスも,外国から命名され,最初は日本で揶揄で使用されたのを思い出しました。今も,批判ありますよね。客観的に観ると,餌食・揶揄側に立つ(オイラも揶揄)ヒトに,マスクはそもそも必要ないですよね(ちなみに,オイラも,マイマスクは全部相方に渡し,マイマスクありません,使用しません)。必要だろうと思う市民を考えると,買いに行けない・いってもいつも無いといった方々だろうと。



ウイルス防護に一般マスクは無効・無意味ですが,花粉には,一般マスク・布マスク有効ですね🎶 われわれからすると常識(多くのメディアが間違った/過剰な防護方法を伝えていました)ですが,一般のヒトもちょっと調べれば分かります(今回の件も同じかな)。日常の自分の身の安全を自分でも調べてみるようにもなった・なると考えると良い事ですよね。教員には学生が分からないというまえに,学生が分かるように説明・授業できる様になれ,といいますが,,オトナならもう学生じゃぁないから,自分で考えよう!ですかね。


ちなみに,花粉用マスクは,①サージカルマスク+②ガーゼがよいと思いますよ。①を1週間再利用,②を頻繁に取り替える,②は高級ティッシュで代用もOK(最近ガーゼも品薄とききました),,マスクの再利用法は,マイFBコメントに以前書いておきました。

2020/03/25

東京の爆発的感染拡大開始の瞬間

200324


200325

しかし,このデータは10日前後前の感染の結果とみるべきだろう。
なので,200325のその時の真の値は,いろいろ複雑手続計算しないと予測できないかも。
①この時点での陽性者の属性の分類
②この前からの観察されていた対象者かの分類
③経路不明者=見かけ上の新規感染発生対象者の分類

④年齢層

いろいろ😒算段,計算

Hamada Masaki 気持ち落ち着けて,再計算;📝🧮
合計          41
①永寿総合病院クラスター11人(濃厚接触待機隔離済
外国渡航(帰国者)   5人(空港検疫なら隔離済
③その他経路把握者で陽性 12人(最初から隔離済
④経路不明        13人☆

④が真の市中感染者 13人 =>10日前感染としてで増やす人数
        (PD号10人=>355人/10日)
⑤355*1.3=462人

ザックリ計算で明日以降に④の濃厚接触者から生じている⑤がでてくる可能性あるということか。😔 
🤔  ん〜,ヘンな計算擬きするんじゃ無かった。。。


DP号の変化を参考に,,,10人の感染者が10日間で変化した割合🤔 🤔 



Rf https://medical.nikkeibp.co.jp/.../t344/202003/564747.html

感染症法

search

NHKの自己検証
https://www.nhk.or.jp/politics/articles/feature/31092.html


PCR
客観的事実:
3/18に,感染研の検証を経て,短時間用検査キットが完成(首相もわざわざ表明,報道少ないけど),全国の既存500台で利用可能となり,たぶんその後発送で3/25日前後に,短時間検査(約1時間)が各所に導入されてます。神奈川衛研も独自に3/25から導入。時短は検査数を増やしますね。たぶんこの流れで,成田検疫でも空港検査開始してるはずですね。東京都の検査数とポジティプ検出数を眺めるとピンポイントで精度よい検査が実施されてると思いますね。正確にはPCR法とは異なるので,厚労がPCRで括っているのかちょっと分かりませんね。。。

政治ゴシップに絡めるなら,,よくいわれる「検査させていない」(これは指示系統的に不可能で,もしそうなら医療者なら告発します)ではなく,「検査態勢も整ってきた」ので,タイミングをそれに合わせた,ならあり得ると思いますね。


cf https://www.asahi.com/articles/ASN3L7HDBN3LULBJ00R.html

Wuhan肺炎/ChinaVirusにためされる(きになる世界)

個人の習慣というのは,情報と「普通な教育」では,概ね「変えられない」,,
教育が〜く的にいえば「行動の変容」は無い,といえるのか。
この立場でいうのもアレだが,そう思う。

あえてイヤミ〜にいうと,「行動に,『知』は関係無い」とも。
とはいえ,この『知』を作り提供するのが我らがお仕事でもあり,『知』と『方法』は提供し続ける。『結果』は自ずと出る・出す・出させるが,肝心の『考察』と『展望』は,なかなか深部からは変えられず,まぁ,待つしかない(何を待つのかは問題・・・😌,最後は体裁整えるまでお手伝いして,ほっとくしかない😒・・・ある程度で,もう立ち入らない),,。

マイ日常に脱線しすぎだが,,,現在の【ChinaVirus感染〜・・・】のデータを眺めていると,これまでの日本「耐久力」はホンモノ(文化(習慣)・文明(医療含む)として説明できるもの)かもしれない。

今後,この「耐久力」を突き破るモノが起こるか・否か・それ何か,(個人的には興味深い)。

付録;期待する「行動の変容」を提案した場合の反応で,いつも同じ事は,相手が「変容」しないための「理由を見つけてくる」,こと。
今回の事態でも,色々「知」を提供してみて,例えば「手洗いX秒」(こちらはそうはいっていないけど)について,「長すぎる」「もっと簡単にできないのか」「もっと説得できる・されるイイ話しはないのか」といった,「できにない」ための理由をだす。

身近なオケ練でいえば,端的にいうと「もう中止できない」「なんとかやるしかない」。こういった場面に対してできる事は,個人として「そういった場面には,近づかないと判断し・思いやり,静に立ち去る」。

こういった,個人の判断(この積み上げできるのが日本社会なのかもしれない。吉田兼好「徒然草」のさまざまな節にも,それに通じるモノがあったようなぁ(勝手解釈かも,,今日本は,総「都」,むしろ東京・都市部に田舎があるのかも,)。。。

<実践できない何かの壁>
スタンダードプレコーションの実践でもよくある場面(アベコベ論議),,,思うに,究極論ならトポロジー(立体配置とかetc,3次元認識)であったり,日常なら「手順」・・・もっとぶっちゃけ「料理」,,言い難いけど,「あなたのトイレ処理方法」ってことですかね(もう具体的にいいません🤫😜),,要するにそれができない人いる,,,<=あきらめ・・・だから自己防衛する。

自己防衛は結果的に周囲によい影響をもたらす。マイ職場では,せっせと私が自分のために出入りするたびにドアノブを消毒用アルコールで消毒・消毒液付けたまま触る,私がペーパー取り替える(他の人しませんね),,,ちなみに,セッケン(長鎖カルボン酸ナトリウム塩)は私が強制撤去し,消毒用アルコールポンプまたは硫酸ナトリウム系洗剤に置換(今回にかかわらず実は事情で昨年の10月から実施し,今はジャストフィット)。


あとで整理😅

スペインかぜのパンデミック、中国起源説とその教訓 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/20/031300172/

2020/02/27

熱発

世の界隈は,コロナ騒ぎ,,Wuhan肺炎になるとコワイね。

そんな折,ん?
鼻風邪? グズグズ
37.5℃前後,,


心拍数・体温モニタリング開始3/28=> 寝汗最大







ほぼ解熱して,平衡状態確保

2020/02/20

世界初の船上パンデミックの医師主導権争いの現場記録

https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=2703278763058947&id=100001305489071

↑ さすがに,消しましたね。高山義浩先生のFB記事。
なかなか,大人なSNS書きっぷりで,記念物ものだと思いましたね。「主」の内容を追えば健全なSNS会議のありようだとおもえましたが。消えて残念。




根管治療メモ

全容を知しらないのに治療批判的要素となる場合もあるので,読まれたら消す,としたコメント。

2020/02/18

地震前兆考察(GPS国土地理院まとめ編)

国土地理院が出している日本列島の動き,3.11前後で激変,,この変化は,ねじれとも言えるだろうし,,動いていない側の動き,つまり南海トラフの動き周期を加速的に縮めるかもしれない。

備える以外方法無し。①200309の十勝沖Mw8地震以降(rs_tokachioki),陸地移動が反転,②201103の東日本大震災Mw9.2地震以降,陸地移動が反転,☆残されたピースは,西日本=南海トラフに乗っかる日本側の地殻棚に起こる地震(沈み込む太平洋側のプレートとの境界での滑り)




2020/02/16

オケなオフ日和(2020_0216 FAF演奏会編)

なによりも,蟲,には呆れた,あと1回付き合わなくては,,音楽なんて無理

いやはや,マイ遅刻でした♪ 情けなし(蟲いるので,行きたくなかったのではと,いわれたり)道は,劇的すき状態45分で到着・・・・なぜ聞こえなかったのか・・・・・・


マエストロ森口,
チャイ1,新世界,ダブルシンフォニープロ,,ふ〜,,
マエストロ森口コメントとして,このシーズンの練習では「弾きフォーム」の要求が多くあった,よく観て下さってるんだな〜思う,,当然と言えばその通り♪ いくつかのセクションの図形より時間が延びていくところや,反対に先に進むところなど,的確なコメントでしたよね。ステリハでも(遅れたくせに何言ってんだと・・😓)

奏者も互いのフォーム(音楽的テイクバック・音楽的にでる必然的なフォロースルー)観てる。音楽が見えるが,オケの醍醐味で,音楽する事の喜びでは。その頂点が,マエストロの図形。こんかいも良い図をみせてもらった。


◎蟲には,音楽無理かと
・ダサ弾き最終兵器
・テイクバック・フォロースルーなしだもの,音楽の型に入らない
けど,音楽的じゃ無い(必然性無い)フォーム見せつけられそれを隣でされると,知ってる曲でも,こんなにやりずらいんだなぁと再度思い知らされた(これまで観て見ぬ振りに努めてきたんですが,,それも蟲対策渾身だったし)。むかし,マイ師匠も言っていたが,,オケ内の音楽無きフォームは,音も破壊するよなぁっ,,って。気づかない本人は,むしろ哀れだし,指摘しても結局蟲は,どうにもならない。とにかく,コレをかき消すために,渾身マイ弾きしてみたが,そもそも蟲に無意味,というか相変わらず勝って弾きで,飛び出ること3回も,,やっぱおかしいよな,この子,・・・よくこれで頭やってたなぁと(まぁ,全くザッツ出せない頭であったのは認識してたが,中身としても相当なポンコツなんだろうと,,音楽はひとたらしでは解決しないんだけど,それを示した途端豹変に,ゲェと思った)
ボカしとこ

◎オヤジの暴走が一番コワイ
練習の時から壊れていた,新世界3楽章前半部分の聴いての通りのスケルツオを,本番で,見事に破壊していた,,自身が原因とは思わないのかな,,端席でもないのに自分の楽器だけは安全ポジションに出っ張らして置く,,それも通路通せんぼときた,,ああいう感覚からして音楽から外れてたよね。案の定だったかも,(蟲子は,全然付いてってこれてなかったように見えたけど)ホント,オケ人種,不思議だわ,,

◎ステリハ集中は,大したモノ
本番も,全体のステージ上での修正がヨクできあがってた!♪ やはり、集中力なのか・・・日ごろの集中も大切ですよね〜,図形も,超分かりやすく,テンポ感も最も良かった気がした。マエストロは満足したのかな・・・・。


☆お客さん,よくできました!(新世界おわり完璧)
よく入っていました,巷の雰囲気何のその


2020/02/14

Stuttgart Ballet in John Cranko's Romeo & Juliet

201909頃に,BS4Kで放送されたのを4K,Prokofievのソースということで録画し,観て,記憶に残っていた。ふと思い出して,なんであんなにバレエごときを気に入ったのかと,調査。
Stuttgart+Ballet+in+John+Cranko

https://youtu.be/0W2nMiwboik

https://youtu.be/SZibw_h6I5w

奥の深いバレエに,そしてマイ無知故に,バレエの芸術性を再認識,「すごいんだ」と再感嘆。もちろん,Prokofiev Romeo & Juliet を再再認識。ホントすばらしいプロコ。


シュトゥットガルト・バレエ団「ロミオとジュリエット」
https://tower.jp/article/feature_item/2018/11/29/1107
振付:ジョン・クランコ
音楽:セルゲイ・プロコフィエフ
美術・衣装:ユルゲン・ローゼ
指揮:ジェームズ・タグル
演奏:シュトゥットガルト州立歌劇場管弦楽団
映像演出:ミヒャエル・バイヤー
出演:
ジュリエット:エリサ・バデネス
ロミオ:デヴィッド・ムーア
マキューシオ:マルティ・フェナンデス・パイシャ
パリス:ロマン・ノヴィツキー
ティポルト:ロバート・ロビンソン
ジュリエットの乳母:マルシア・ハイデ 80歳での舞台だと,観ればその妖艶が分かった
キャピュレット公:リード・アンダーソン クランコを引き継いだ元プリンシパル,その存在感
キャピュレット夫人:メリンダ・ウィザム
ローレンス修道士:エゴン・マドセン
ベンヴォーリオ:アドナイ・ソアレス・ダ・シルバ
ほか シュツットガルト・バレエ
収録:2017年、シュトゥットガルト州立歌劇場

↑ この収録に込められた逸話というか,観れば分かるモノが,あらためてすごいなぁと,一人で感動。バエレってすげんだなぁ。調べていったら,この振り付け(クランコとそれを守ったシュトゥットガルト・バレエ団)の芸術性にスコさを感じたようです🎶



Rf
https://ameblo.jp/mespetitsdanseurs3/entry-12397641799.html
非常に役立ったブログ解説 ↑



ドキュメンタリー「シュツットガルト・バレエ団の奇跡」,,これを観たいのだが・・・・

カラダケアー(根管)

〜FB移設〜
歯根の根管治療が必要な状況,
(簡単に自己判断できないが,,脈打つような痛みが夜出て,冷水を口に含めると痛みが止まるのであれば,根管の感染をまず疑う)

「根管洗浄」(化学的洗浄+機械的洗浄)

つれづれMac(egword-universal-2)

どうしても,EGWファイルの中身を確かめねばならなくなり,,

購入,,ん〜,結構な金額・・・・
egword-universal-2

2020/02/13

パンデミックな壮大国家戦略(きになるアレ)





この恣意的な数値や浮かび上がる可視化模様を眺めていると,中国の計算された壮大な国家戦略があるのではと,想像したり・・・・

・この事態前後で,見えなくなったもの,,それが隠されたコトでは,
 (香港問題は,一気に解決した)(対米国経済戦争どころじゃない)
 (日本への国賓訪問などなくなった)いずれに,人民に言い訳できる

・習近平主席は,薄っぺらいサージカルマスクのみしていた,
 (既にワクチン接種して,安泰だから)


日テレ・木曜スペシャル的想像をしてしまいます。








PD号事例;N3894(局所地域・高密度モデルとして)
PCR+   691=17.7%
重症+死亡   40(4;10%)
重症化率     5.7%
 
 
日本市中感染事例として;N1017(市中感染モデルとして)
PCR+   140=13.8%
重症+死亡   15(1;6%)
重症化率    10.7%
 
 
イタリア市中感染事例として;(国単位市中感染モデルとして)
PCR+   229
重症+死亡  X+6  (日本値からの予測  ;X=24.5)
重症化率     Y  (日本値(10.7%)なら;Y=30.5)
死亡率      2.6%
 
 
☆中国の真の値の予想☆
①PD号数値(17.7%)適用で人口1000万人に計算
 予測PCR+  1,770,000
 
 
②日本市中数値(13.8%)適用で適用で人口1000万人に計算
 予測PCR+  1,376,598
 
③真のPCR+人数予測①にPD号数値適用で以下計算
 真の重症+死亡 100,890     (PD号値適用)
 真の重症化率        5.7%  (PD号値)
 
④真のPCR+人数予測①日本の重症化率適用で以下計算
 真の重症+死亡 189,390     (日本値適用)
 真の重症化率       10.7%  (日本値)
  
 
⑤検証中国発表数;2663/77658(3.4%)
 *「77658」が重症者数だとしたら,
 
 予測「真の中国PCR+人数」
 a)PCR+  725,775 (重症化率 日本値適用)
 b)PCR+1,362,421 (重症化率 PD値適用)
 
 
Rf.
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_09747.html

真なる数字予測

☆中国の真の値の予想☆
 PD号事例;N3894(局所地域・高密度モデルとして)
 PCR+   691=17.7%

 日本市中感染事例とし;N1017(市中感染モデルとして)
 PCR+   140=13.8%
 ↑2/26付け数値を利用し計算

①PD号数値(17.7%)適用で人口1000万人に計算
 予測PCR+  1,770,000 感染者数
 重症化率6%なら   106,000 重症者数
 WHO死亡率3%なら   53,100 死亡者数
  
②日本市中数値(13.8%)適用で人口1000万人に計算
 予測PCR+  1,376,598 感染者数
 重症化率6%なら    82,595 重症者数
 WHO死亡率3%なら   41,298 死亡者数

☆200302現在の感染者数「 89,072 」(中国発表)

以上から予測すると,中国の発表数は,重症者数=入院患者数 かもしれない。 こういった疫学的統計予想を,出したがらない。





〜新型コロナ(Wuhan)肺炎〜 
速報統計値考察
事例①イタリア 200313
 死亡/感染者 =6.7%
 1016/15113
 感染者/検査数=17.6%(感染検出率)
 15113/86011

事例②プリンセス・ダイアモンド号(PD号)
PD号(20200226時点の計算値)
 感染者/検査数=17.7%(感染検出率)
 691/3894
事例③現在の日本の数値;20200313/12:00
 死亡数/患者数 => 19/591 =3.2%
 重症者/患者数 => 32/591 =5.4%(重症化率)
 感染者数/検査数=> 659/11231=5.9%(感染検出率 ≒ 感染率)

2020/02/04

つれづれクルマ🚙(マイカー選択 シビックハッチバック2020)

シビックハッチバックKF7 2020
悩ましい・・・・色選択





色々詰め込んで,
約468 => 400 で🎶
よく頑張ったので,サイン📝,ポンと


色々試案の参考に今回はYouTube活用
 さまざまなユーザーさんの生態系に,クルマの参考以上に,シビックハッチバックをアイする方々が興味深し。

地震予測メモ5(FB移設)

客観的データを観ることは,災害準備に極めて重要

2017〜2019年の震度3以上の月当たりの地震頻度(日本気象協会データを利用)の事例
2011.3.11後から減衰傾向は明らか
一方,2011.3.11の変化の様に変曲点を迎える状態からも分かるように,全体の頻度トレンドだけからでは必ずしも予測できない,ということにも注意が必要

参考:
◎地震頻度のデータまとめの,よいサイト(2011からの様子が,一目瞭然)
◎生データのサイト 本家本元
◎もっと研究したい場合




地震予測メモ4(FB移設)

自然現象 vs 宏観異常現象 vs 仮説検証ナシ科学(SF) vs 模倣科学 .
使えるかもしれない既存科学
Cf.
【自然現象の理解】e.g. 夕陽
【宏観異常現象としての理解と研究】
【宏観異常現象の否定】
【仮説検証ナシ科学(SF領域):大気イオン・電離層(電波ノイズ・伝播)/異常観測】
◎大気イオン
◎電離層
【模倣・仮想科学】
◎FM電波(伝播)/FM電波帯ノイズ
【既存科学】
◎電離層/電子密度の観測/太陽観測
全電子数マップ;http://seg-web.nict.go.jp/GPS/GEONET/
2011.3.11記録など興味深い
◎GPS
◎etc
・「地下天気図」;http://www.sems-tokaiuniv.jp/tenkizu/index.html

地震予測メモ3(FB移設)

現在のいわゆる「地震学」を使えば,今現象の理解につながる,,,今・過去を理解・説明し,ひいては「予測」に繋げようとするのが科学
Cf.
☆プレートの潜り込み周辺がきっと分からないので,より良き概略図が将来できるのでしょう。まだまだ不完全な概略図でも,地殻や地殻下の構造をそれなり現している。地殻は固体,地震動はこの固体の中を進む疎密波(P波)と進行方向に横に振動する剪断波(S波)が地殻固体内部を進んでくる。P波は固液気の3相を伝播可能だ。固(液)相=>気相への振動伝播で音波となるだろう。すなわち地殻にマイクを置いたところで「地震動が聞こえる」直接音を拾えるわけじゃ無い(マイクは音波,すなわち気相,媒体が気体なら機能する)。地面の音を聞くなら,地震動を直接観測する事が直接観測となる(だから地震計がある)。

2020/02/03

地震予測メモ2(FB移設)

〜FBの密室フォーラムに書きためた記事の移設;かなりオカルト・政治部屋として支配されていたので,とっとと,とんずら🎶〜

2010/11以降の関東圏地震記録 Mw2.5+

Deptht;
Fig.last 201111〜201912 Mw6+ ; Depth;40-90km


参考:19230901(大正関東地震) いわゆる関東大震災前後の地震観察


前震と思われる記録:
191511 東京有感地震18回
19211208 茨城県南部地震(M7.0);竜ケ崎地震
Depth;50-80km
19220426 浦賀水道地震(M6.8)
Depth;40-70km
192305 - 06 茨城県東方で200-300回の群発地震(有感地震は水戸73回、銚子64回、東京17回)


余震と思われる記録:
19230901
12:01 M7.2 東京湾北部
12:03 M7.3
12:17 M6.4 伊豆大島近海
12:23 M6.5 相模湾
12:40 M6.5 相模湾
12:47 M6.8 山梨県中・西部
13:31 M6.1 静岡県東部
14:22 M6.6 静岡県伊豆地方
15:19 M6.3 茨城県
16:37 M6.6 静岡県東部
19230902
11:46 M7.3 千葉県南東沖
18:26 M6.9 千葉県東方沖
22:09 M6.5 静岡県伊豆地方

以上を参考に19230901地震の前震を経験則とすれば,現在まだ前震は起こっていない。20110311の影響とみられる2つのMw6クラス地震を前震と考えれば,明日以降いつでも発生しうる。現在の想定,確率的には極めて低い。

注視すべきは,19230901地震クラス(Mw8.X)周期(200〜400年)の間に起こるMw7.Xクラスの直下型地震。想定震源域は,東京都区下〜東京湾。

Rf. http://www.bousai.go.jp/kaigirep/

地震予測メモ1(FB移設)

〜FBの密室フォーラムに書きためた記事の移設;かなりオカルト・政治部屋として支配されていたので,とっとと,とんずら🎶〜


今後も発生しそうな地域
データ;2019-01~12 Mw5+ 
Cf.