pomo_qumo_webpage

2020/02/16

オケなオフ日和(2020_0216 FAF演奏会編)

なによりも,蟲,には呆れた,あと1回付き合わなくては,,音楽なんて無理

いやはや,マイ遅刻でした♪ 情けなし(蟲いるので,行きたくなかったのではと,いわれたり)道は,劇的すき状態45分で到着・・・・なぜ聞こえなかったのか・・・・・・


マエストロ森口,
チャイ1,新世界,ダブルシンフォニープロ,,ふ〜,,
マエストロ森口コメントとして,このシーズンの練習では「弾きフォーム」の要求が多くあった,よく観て下さってるんだな〜思う,,当然と言えばその通り♪ いくつかのセクションの図形より時間が延びていくところや,反対に先に進むところなど,的確なコメントでしたよね。ステリハでも(遅れたくせに何言ってんだと・・😓)

奏者も互いのフォーム(音楽的テイクバック・音楽的にでる必然的なフォロースルー)観てる。音楽が見えるが,オケの醍醐味で,音楽する事の喜びでは。その頂点が,マエストロの図形。こんかいも良い図をみせてもらった。

◎蟲には,音楽無理かと
・ダサ弾き最終兵器
・テイクバック・フォロースルーなしだもの,音楽の型に入らない
けど,音楽的じゃ無い(必然性無い)フォーム見せ隣でされると,知ってる曲でも,こんなにやりずらいんだなぁと思い知らされた(これまで観て見ぬ振りに努めてきたんですが,蟲対策渾身だったし)。むかし,マイ師匠も言っていたが,,オケ内の音楽無きフォームは,音も破壊するよなぁ。気づかない本人は・・・・。とにかく,コレをかき消すために,渾身マイ弾きしてみたが,そもそも蟲に無意味,というか相変わらず勝って弾きで,飛び出ること3回も,,やっぱおかしいよな,この子,・・・よくこれで頭やってたなぁと(まぁ,全くザッツ出せない頭であったのは認識してたが,中身としても相当なポンコツなんだろうと,,音楽はひとたらしでは解決しないんだけど,それを示した途端豹変に,ゲェと思った)

◎オヤジの暴走が一番コワイ
端席でもないのに自分の楽器だけは安全ポジションに出っ張らして置く,,それも通路通せんぼときた,,ああいう感覚からして音楽から外れてたよね。案の定,練習の時から壊れていた,新世界3楽章を,本番で,見事に破壊していた,,自身が原因とは思わないのかな,,(蟲子は,全然付いてってこれてなかったように見えたけど)ホント,オケ人種,不思議だわ,,

◎ステリハ集中は,大したモノ
本番も,全体のステージ上での修正がヨクできあがってた!♪ やはり、集中力なのか・・・日ごろの集中も大切ですよね〜,図形も,超分かりやすく,テンポ感も最も良かった気がした。マエストロは満足したのかな・・・・。

☆お客さん,よくできました!(新世界おわり完璧)
よく入っていました,巷の雰囲気何のその


2020/02/14

Stuttgart Ballet in John Cranko's Romeo & Juliet

201909頃に,BS4Kで放送されたのを4K,Prokofievのソースということで録画し,観て,記憶に残っていた。ふと思い出して,なんであんなにバレエごときを気に入ったのかと,調査。
Stuttgart+Ballet+in+John+Cranko

https://youtu.be/0W2nMiwboik

https://youtu.be/SZibw_h6I5w

奥の深いバレエに,そしてマイ無知故に,バレエの芸術性を再認識,「すごいんだ」と再感嘆。もちろん,Prokofiev Romeo & Juliet を再再認識。ホントすばらしいプロコ。


シュトゥットガルト・バレエ団「ロミオとジュリエット」
https://tower.jp/article/feature_item/2018/11/29/1107
振付:ジョン・クランコ
音楽:セルゲイ・プロコフィエフ
美術・衣装:ユルゲン・ローゼ
指揮:ジェームズ・タグル
演奏:シュトゥットガルト州立歌劇場管弦楽団
映像演出:ミヒャエル・バイヤー
出演:
ジュリエット:エリサ・バデネス
ロミオ:デヴィッド・ムーア
マキューシオ:マルティ・フェナンデス・パイシャ
パリス:ロマン・ノヴィツキー
ティポルト:ロバート・ロビンソン
ジュリエットの乳母:マルシア・ハイデ 80歳での舞台だと,観ればその妖艶が分かった
キャピュレット公:リード・アンダーソン クランコを引き継いだ元プリンシパル,その存在感
キャピュレット夫人:メリンダ・ウィザム
ローレンス修道士:エゴン・マドセン
ベンヴォーリオ:アドナイ・ソアレス・ダ・シルバ
ほか シュツットガルト・バレエ
収録:2017年、シュトゥットガルト州立歌劇場

↑ この収録に込められた逸話というか,観れば分かるモノが,あらためてすごいなぁと,一人で感動。バエレってすげんだなぁ。調べていったら,この振り付け(クランコとそれを守ったシュトゥットガルト・バレエ団)の芸術性にスコさを感じたようです🎶



Rf
https://ameblo.jp/mespetitsdanseurs3/entry-12397641799.html
非常に役立ったブログ解説 ↑



ドキュメンタリー「シュツットガルト・バレエ団の奇跡」,,これを観たいのだが・・・・

カラダケアー(根管)

〜FB移設〜
歯根の根管治療が必要な状況,
(簡単に自己判断できないが,,脈打つような痛みが夜出て,冷水を口に含めると痛みが止まるのであれば,根管の感染をまず疑う)

「根管洗浄」(化学的洗浄+機械的洗浄)

つれづれMac(egword-universal-2)

どうしても,EGWファイルの中身を確かめねばならなくなり,,

購入,,ん〜,結構な金額・・・・
egword-universal-2

2020/02/13

パンデミックな壮大国家戦略(きになるアレ)





この恣意的な数値や浮かび上がる可視化模様を眺めていると,中国の計算された壮大な国家戦略があるのではと,想像したり・・・・

・この事態前後で,見えなくなったもの,,それが隠されたコトでは,
 (香港問題は,一気に解決した)(対米国経済戦争どころじゃない)
 (日本への国賓訪問などなくなった)いずれに,人民に言い訳できる

・習近平主席は,薄っぺらいサージカルマスクのみしていた,
 (既にワクチン接種して,安泰だから)


日テレ・木曜スペシャル的想像をしてしまいます。

2020/02/04

つれづれクルマ🚙(マイカー選択 シビックハッチバック2020)

シビックハッチバックKF7 2020
悩ましい・・・・色選択





色々詰め込んで,
約468 => 400 で🎶
よく頑張ったので,サイン📝,ポンと


色々試案の参考に今回はYouTube活用
 さまざまなユーザーさんの生態系に,クルマの参考以上に,シビックハッチバックをアイする方々が興味深し。

地震予測メモ5(FB移設)

客観的データを観ることは,災害準備に極めて重要

2017〜2019年の震度3以上の月当たりの地震頻度(日本気象協会データを利用)の事例
2011.3.11後から減衰傾向は明らか
一方,2011.3.11の変化の様に変曲点を迎える状態からも分かるように,全体の頻度トレンドだけからでは必ずしも予測できない,ということにも注意が必要

参考:
◎地震頻度のデータまとめの,よいサイト(2011からの様子が,一目瞭然)
◎生データのサイト 本家本元
◎もっと研究したい場合




地震予測メモ4(FB移設)

自然現象 vs 宏観異常現象 vs 仮説検証ナシ科学(SF) vs 模倣科学 .
使えるかもしれない既存科学
Cf.
【自然現象の理解】e.g. 夕陽
【宏観異常現象としての理解と研究】
【宏観異常現象の否定】
【仮説検証ナシ科学(SF領域):大気イオン・電離層(電波ノイズ・伝播)/異常観測】
◎大気イオン
◎電離層
【模倣・仮想科学】
◎FM電波(伝播)/FM電波帯ノイズ
【既存科学】
◎電離層/電子密度の観測/太陽観測
全電子数マップ;http://seg-web.nict.go.jp/GPS/GEONET/
2011.3.11記録など興味深い
◎GPS
◎etc
・「地下天気図」;http://www.sems-tokaiuniv.jp/tenkizu/index.html

地震予測メモ3(FB移設)

現在のいわゆる「地震学」を使えば,今現象の理解につながる,,,今・過去を理解・説明し,ひいては「予測」に繋げようとするのが科学
Cf.
☆プレートの潜り込み周辺がきっと分からないので,より良き概略図が将来できるのでしょう。まだまだ不完全な概略図でも,地殻や地殻下の構造をそれなり現している。地殻は固体,地震動はこの固体の中を進む疎密波(P波)と進行方向に横に振動する剪断波(S波)が地殻固体内部を進んでくる。P波は固液気の3相を伝播可能だ。固(液)相=>気相への振動伝播で音波となるだろう。すなわち地殻にマイクを置いたところで「地震動が聞こえる」直接音を拾えるわけじゃ無い(マイクは音波,すなわち気相,媒体が気体なら機能する)。地面の音を聞くなら,地震動を直接観測する事が直接観測となる(だから地震計がある)。

2020/02/03

地震予測メモ2(FB移設)

〜FBの密室フォーラムに書きためた記事の移設;かなりオカルト・政治部屋として支配されていたので,とっとと,とんずら🎶〜

2010/11以降の関東圏地震記録 Mw2.5+

Deptht;
Fig.last 201111〜201912 Mw6+ ; Depth;40-90km


参考:19230901(大正関東地震) いわゆる関東大震災前後の地震観察


前震と思われる記録:
191511 東京有感地震18回
19211208 茨城県南部地震(M7.0);竜ケ崎地震
Depth;50-80km
19220426 浦賀水道地震(M6.8)
Depth;40-70km
192305 - 06 茨城県東方で200-300回の群発地震(有感地震は水戸73回、銚子64回、東京17回)


余震と思われる記録:
19230901
12:01 M7.2 東京湾北部
12:03 M7.3
12:17 M6.4 伊豆大島近海
12:23 M6.5 相模湾
12:40 M6.5 相模湾
12:47 M6.8 山梨県中・西部
13:31 M6.1 静岡県東部
14:22 M6.6 静岡県伊豆地方
15:19 M6.3 茨城県
16:37 M6.6 静岡県東部
19230902
11:46 M7.3 千葉県南東沖
18:26 M6.9 千葉県東方沖
22:09 M6.5 静岡県伊豆地方

以上を参考に19230901地震の前震を経験則とすれば,現在まだ前震は起こっていない。20110311の影響とみられる2つのMw6クラス地震を前震と考えれば,明日以降いつでも発生しうる。現在の想定,確率的には極めて低い。

注視すべきは,19230901地震クラス(Mw8.X)周期(200〜400年)の間に起こるMw7.Xクラスの直下型地震。想定震源域は,東京都区下〜東京湾。

Rf. http://www.bousai.go.jp/kaigirep/

地震予測メモ1(FB移設)

〜FBの密室フォーラムに書きためた記事の移設;かなりオカルト・政治部屋として支配されていたので,とっとと,とんずら🎶〜


今後も発生しそうな地域
データ;2019-01~12 Mw5+ 
Cf.

地震予測の科学(地震前兆察知の試み編)

マイ観察体験からも,地震雲と地震の関係が説明出来ればよいなぁと思うが,しかし,科学をあわせ用いれば,今だ夢雲,,それでもその「夢雲」は,日ごろの『災害準備』としての「心構え」やその喚起には役立つし,探し求める宏観異常現象の発見に繋がるだろう,,さりとて科学的語彙を素人に真似し用いて「然もありなん」と思わせぶると,陳腐なデマとなってしまうというジレンマを意識するべき(これらは体感体験とは,別のコト,,とはいえ,体感をああだこうだと書き綴る内容は,オカルト

参考:
◎電磁波=>雲生成の仕組みは説明できるのか?
日本地質学会 見解 http://www.geosociety.jp/faq/content0421.html
◎気象現象はそもそも電磁波を使って観測されている!(地震から電磁波が出ていれば観測できるかも)
◎電磁波よりも熱(大気を加熱できるほどの電磁波なら上記観測でみえるはず)
☆電離圏とは(ここを理解すれば、地球の地殻からあるかも知れない磁気エネルギー放射が、太陽からの高エネルギー放射同等に影響しうるのか、疑問に思えるはず)

音程がアレだぁ(オケ徒然)

音程がアレ

2020/02/02

我欲の壁(オケ徒然)

「先生が言いました〜」・・・・「『先生』言い訳の壁」(虎の威をかりる?!)
 先生を引用して,さも優等生ぶるようにするコメントでは、自分で何も考えてない証にしかならないことは気がつかず。


「ココ,こう,いわれたっ」なんてどや顔(自分はそうやってる(えっ,,できてる?!))で言うまえに,まずは自分のことやろうよってコトなんだが🎶
〜以前マエストロからコメント受けた所を,ただただ実行する(つもり)ことで,そこの部分をつまみにコミットする前に,まずそれ以外のコトを自分でできてないとねぇ,,こっちは,『ああぁ〜できてねぇ〜っ』と忍を押してやり過ごしているのに,,「ああぁ,みつけたぁ〜」「先生が〜」コミットは,相当カンチンとくるので,瞬発やり込めに入ってしまう🎶


『それ違うよ』って返したときの態度は,ホント,アレだったぁ,,クワバラ・・・・・
あんあふうに態度一変させれば,ああぁ,めんどくせ〜〜と,,とにかく練習中に稚拙な音楽議論ふっかけないでほしいよ,,ってことだ,,
こっちは忍で耐えて集中維持してるのに,肝心の集中力切れちゃうし,対応でマエストロの話も逃す,,こんなことしても,もう教えるモノ無しってこの事,,こう音楽最中によぎったの音楽していて2度目,,

「先生が〜」,それやめぇ
(1度目は『やってます!』・・・・おいおい,できてないからいってんだけど,,まぁイイか)

2020/01/25

幾何学の錯覚



気相中に渡る音波は疎密波
この概念図↑で全てを説明し過ぎると、ちょっと違う
固相・固体の弦の物理運動には近いモノがあるので、弾くには役立つかも

2020/01/17

きになる地震(解析集,FB移設)











◎気象庁発表:令和2年1月3日03時26分 千葉県東方沖(北緯35.8度、東経141.2度)、震源の深さ約30km、地震の規模(マグニチュード)5.9と推定
ちょっと解析予測;この地域のこの規模地震は(Mw5+)2016から等深度線で結ばれるのか? この場所は,2011からのMw4.5+地震の空白エリア,北隣にも空白エリアがあるので今後起こりうるか



この2020103ポイントはのちに訂正される








日本周辺地震2019 Mw2.5+ 動いていない場所がくっきり



幻聴・幻覚(徒然日暮:コメ書き『移し』)

マイ症状は,まさしく「幻聴」デスね。 目が悪くなってきてからは,以前よりかなり具体的に見える,「幻覚」もありますね。先日の霧の夜(八王子)には,よく見え,びっくり・ぞわぞわ。 それはそうと,「ありさマスター」(今風なスター・ウオーズライクに😉b)のそれは,人格のマトリョーシカでは・・・・①「よくよく聴くマスター」と②「それをよくよく分析するマスター」そして③「それを上手く咀嚼・説明するマスター」(全部できるのは,ヨーダ・マスターか!いや④900歳の経験が必要じゃぁ),,を備えている(まぁそのプロフェッショナルですよね)からでは。教員は概ね③のなり損ないマスター(ほぼ人の話は聞かない一方通行⬅️・・・その自覚も無い),,,逸れましたが,,,①〜③(④😱)を分離して認識できる(マトリョーシカを開ける)と,個の人格以外の+アルファに見える・きこえる,,のかも。  以上マイ勝手霊分析😱 ああぁ,落書きすぎました,,後で消します!

雲をみて地震と大騒ぎする輩へ(FB移設)

今日(191227)は「地震雲らしき」が,たくさん見えてる・・・・みんな大騒ぎ(笑う)

気象衛星画像は,その判別(気象現象か否か)に役立ちますよっと😏

Cf ↓ 高精細画像なので,💻で観ることをお勧め(騒ぐ・ホラ吹く前に,天気科学くらい考えよう