2009/08/22

天草な食卓(マヨラー編)



ところてんに「マヨネーズ(エコナ)」をかけてみました。 
ちょうど,卓上にあったので,マヨラーとしては,「もしや旨いよな」との思いつきに。 

正解でした指でOK 

ちょうど,コンビニ冷やし中華に,トッピングマヨネーズを加えて食べた感じに似ていますが,新しい食材感覚です。これなら,ちょっとまず系なところてんにも使えるかも。わが家はVマークところてんに,最近満足しております。 

酢好きにも,たまりませんね。

んぅーんな食卓(やっぱり宴会はしかたないか編)




宴会で「オーストラリア」産のワインワイングラスが出ました。 
150名近くの宴会なので,一流レストラン(シェンロン)でさえ,まぁ大変だったと思いますが,全ての局面でパンチ 

このワインなら,コンビニワインでもよいかもって味でした。 

乾杯のシャンパンは,,,瓶から汗たらーっ(汗)がしたたるところを給仕され,あらら,料理のうえにも,,これなら,シャンパンクーラー雪に入れて,各テーブルにおいてもらった方が。。でも,紹興酒は,飲みやすかったです。さすがに中華料理やさんですからね。 

料理は,,前菜は,素材そのまま,,これってサラダ? 

幹事さんたちは,おつかれさまでした。 
楽しい宴会でした。

びざーるな飲み(きょうのフローズンカクテル編)


フレッシュ白桃なフローズンカクテルバーを作って頂きました。 
果肉が入っていて,味もベリー指でOKでした。 

「きょうのカクテルは!?」で,いつもお願いする『ちょいと硬めなフローズン』(氷りいっぱい)で,。さすが,フローズンマイスター;店長さま。 

先に頂いてきた宴会料理の席で出てきたお酒(ワインワイングラス)系がそうとう手(グー)だったので,びざーるで,ほっと一息でした。

2009/08/20

ぬか漬けな食卓(おかず消費編)


パッケージ入っているので,開封して,ぬかを落として,普通に焼きますとご覧のように(↑さば)普通の新鮮お魚と同じですね。あぶらも,こってりというか凝縮しているくらいな感じ。このほかに,鰯,秋刀魚,鶏肉,も旨かったです。 
味も,新鮮!でした。かなり旨い指でOK 

品物は,冷蔵保存しますが,ぬかが鮮度を旨くまもりつつ,美味しい風味をあたえていますね。

2009/08/19

粗末な食卓(カップスープスパゲティ編)


生協も,食堂も閉じていたので,粗末ですが昼食。 
購買部からカップ麺,スープ系を仕入れ。 

本日は,スープでスパゲティーのたらこクリームソース,4分間熱湯でスパゲッティーのもとをゆであげて,ほぐしつつ粉系な材料を投下。なんか,食いかけのようできたないですね(写真)冷や汗 

4分タイマーには,丁度聴いていた,CorbozのFauré:Requiemから「sanctus」(表示で4:02でした)。待ちの時間ムードるんるんだけ,文化的耳だったり。。。 

さて,お味は,なかなか指でOKでした。 
曲柄,パンと赤ワインとかのほうが食物としては合うのでしょうが,,,。あせあせ

2009/08/18

わが家の凶暴鳥4

夏休みなご主人様を攻撃中! 
攻略場所を検討中。 



本日の訪問者14(くつろぎ過ぎ編)


キジバトさま,相当くつろぎ, 
羽を日干しのもよう,しこまで広げなくとも。







食器な食卓(グラス破壊編)


バッシャーンと床に落としましたら,薄い上部は割れないで,台部分が割れました。まぁ,どっちが割れても使い物にはならないですが,,,ガラス細工して再生と思いましたが,「捨てろ!」と命令が。 

破片かき集めたら,わが家の破壊鳥どものエサや,羽が,,,

2009/08/16

カラダケアーな日(田舎暮らしな風景編)



広い園庭(わが家の保育園園庭),最近は防犯がうるさくて,たまに帰ってぶらぶらしてるときまじめな保育士さんに「どぉなだぁでぇすかぁっ」っていわれますねぇ。 

素朴な中華そばを食べて,園庭散歩で,緩やかな時間となります。 
(路地に人は居ないのに,そば屋,なんだか人,ひと,ヒトで,妙な人気,ただの昔ながらの食堂なのに,「麺かためで」なんてツーぶっている遠くからの客に,笑う)

カラダケアーな日(田舎散歩な風景編)



人がいません。昼間なのにほっとした顔 
なので,散歩にはよいです走る人 

路地は,じつは京都の裏路地の風景に似ていますよね。 
今年春に,京都の街を自転車で数十キロ横断したときにそう実感しました。 

古い医院も,間もなく市街地調整で取り壊しのようです。

田舎暮らしな食卓(お盆休み編)


田舎に帰ると,【食う,寝る】の繰り返しパターン, 
高カロリーのモノというよりかは,ヘルシー食品が多いのですが,量が問題かも。。 

ヘルシーというか,ナチュラルな食材をちょっと紹介。 

1)いわがき 
秋田では,象潟産と男鹿産が有名かも,わが家は象潟産で,これは鳥海山(上の写真,帰京途中に撮れました)の伏流水を浴びて太るんですよね。近場なので,鮮度も◎。地元では,塩水でそのまま食べるといった美食家的な食べ方よりも,『酢で絞めてから』とかですね。うちは,さらにレモンをかけて食べます。グリコーゲンたっぷりで,甘く感じるカキでした。 

2)近海魚類系 
日本海で,それも地元でとれてそのまま市場にでるものがやはり旨いですね。甘エビ,イカ,鯛は,その代表かも。 

3)自家製味噌 
塩気は尖ってるんですが,ふかい味わいですね。食べ過ぎは,高塩分となります。 

4)ずんだのペースト 
枝豆そのままの塩ゆででも十分美味しいですが,すりつぶしてみると,その甘味がかなり凄いですね。「ずんだ餅」ってこの地方でもよく食べますが,わが家では,白玉にさらっとペーストをかけて,モグモグ。うまいですよ。高タンパク,,食い過ぎは禁物。 

5)じゅんさい 
これは,酢の物か,おすましですね。 
なめこのようなキノコとちがって,オモシロイ食感だし,味もちがうですよ。 
新鮮じゃないと旨い!とは言えない場合もありです。 

6)自分の畑の野菜 
うちは農家ではないのですが,耕してもらっていたり,耕してくださる専業農家さんからお裾分けなどの新鮮野菜が。ようするうに,新鮮で,美味しい品種を少量というのがよいのですね。今回は,トマト,キュウリが,絶品でした。キュウリは,とても硬くて,濃い味の小型品種で↑の味噌つけて食べると,がりっ,ボリッと旨いのでした。